ABOUT CARE WORKERS

介護ってどんな仕事?

01

日本の介護は
世界の「KAIGO」へ

現在多くの国々で急速に高齢化が進む中、既に超高齢社会である日本の「介護」は世界から注目されています。

私たちが創意工夫して実践しているケアや介護ロボットなどの技術が、今後日本の「KAIGO」として、世界に広がっていく可能性を秘めています。

近い将来、私たち日本の「KAIGO」が世界に普及して、世界に誇れる仕事になっていくかもしれません。

02

介護とは
「介護技術の提供を
通して生活支援を行う」
専門職

介護は世間一般で言われている単純労働とは違って、生活の「しづらさ」をかかえている方々に、介護技術の提供を行うことで、入居者が安心して生活が送れるように支援を行うことです。

相手の心の奥底にある望み(ニーズ)をくみ取り、生活における課題解決方法を皆で検討します。そして、一人ひとりに合った最適な援助をケアプランという計画書に落とし込み、計画に沿った支援をチームで行います。

いわゆる介護技術「専門性」を高めるのはもちろんのこと、「洞察力」や物事を組み立てる「知的生産能力」、さらにはチームのメンバーと協同するための「コミュニケーション能力」や「実行力」が求められます。

名栗園ではこのような力をつける環境が整っております。多くの方々の人生に寄り添い、一緒に歩んでみませんか?

03

介護は
「クリエイティブ」な
仕事

私たちは、毎日同じ行動をし、同じ生活を送ることはありませんよね?

支援や介護が必要になった方々も全く同じで、日々の生活の中で起こる様々な場面に対して色々と考えながら、一つ一つのハードルを越えていく介護は「創造的」な仕事です。

日々、新しいやり方を模索し、より良い環境へ変えられるように実践していく。一人ひとりのアイデアや行動が、大きな変化を起こせるクリエイティブなお仕事です。

名栗園では「とりあえずやってみよう」が合言葉です。失敗を怖がる必要はありません。全力でサポートします

04

介護には
ワクワクと感動が
いっぱい

名栗園の基本理念は「人を人として介護する」です。「ご利用者の人格を尊重したケアをしよう!」そんな想いが込められています。
そして、「スタッフがいかに働きやすい環境をつくれるか」。これも、とても重要な課題です。そのためにも日々の小さな変化を積み重ねています。

ご利用者の希望や望み、心の声を「聴く」こと。まずは、ここから実現に向けて考えていきます。そして、チームとして行動し、ご利用者とともに喜び感動する。
ご利用者の望みや希望の実現が「感動」に結びつく仕事です。
ご利用者の笑顔や感動場面を想像し、皆と一緒にワクワクしてみませんか?