Page top

先輩の声

特養、通所、開設準備、生活相談員を経験。介護を多角的な視野で捉える

大学を卒業して入職後、特養、通所を経て、岩槻名栗園の開設準備に携わりました。開設準備は初めての経験で大変でした。しかし、名栗園名物の「とりあえずやってみる精神」で、内装や入居者募集までとことん取り組みましたね。ここでは、特養や通所で学んだことが存分に生かせました。

開設後は生活相談員に。入居者のニーズは十人十色です。個室になり入居料も高くなっているなか、どこまで要望に応えられるかが勝負です。生活相談員は介護職員と一緒に動き、入居者が過ごしやすい環境を整備するのも仕事のひとつ。改善の過程では、介護職員の仕事が増えてしまうこともあります。そんなときは、介護職員に「なぜ必要なのか」説明して回って、意味を理解してもらうように心がけていました。

実は、「ほかの施設を見てみたい」という理由から名栗園を退職したこともありました。その後訳あって復職したのですが、あたたかく迎え入れてくれた仲間には本当に感謝しています。

正解はひとつではない。多彩な経験を生かしながら、副施設長として後進育成に注力

現在は、副施設長として給与管理や介護報酬請求のほか事務員や生活相談員の育成にも携わっています。生活相談員に持ち込まれる相談は、正解はひとつではなく、どれも悩ましいものです。彼らと一緒になって考え、納得のいく答えが出せるよう支援しています。

求めているのは「人として当たり前のことができる人」です。具体的に言えば「嘘をつかない」ことでしょうか。技術は入職後に身に付けることができますので心配ありません。入職したらぜひリーダーを目指してほしいです。当園には、私がこれまで経験してきたように、特養や通所、生活相談員など幅広い仕事があります。さまざまな部門を経験できるので、介護を広い視野で見ることができます。ご家族から「入所したら笑顔が増えた」と言われたときは嬉しかったですね。そんな"笑顔になる瞬間"を増やしていくのが介護の仕事だと思っています。

Off Time

休日は息子と遊ぶことが多いですね。休日はしっかり取れているので、リフレッシュできています。地元は沖縄。長期休暇では、息子を連れて沖縄に帰省します。

趣味は料理です。自宅には小さな庭があり、子どもと一緒に家庭菜園を楽しんでいます。収穫した新鮮な野菜を使用した料理の味は格別。一度味わうと、病みつきになります(笑)。

岩槻名栗園はクラブ活動が盛んです。職員有志が集まって、複合アミューズメント施設でよく遊んでいますよ。昼食を一緒に食べに行くことも多いですね。地域交流室に集まって卓球を楽しむこともあります。身体を動かすことで、ストレス発散にも役立っています。