STAFF

職種別 職員紹介

ケアマネジャー

名栗園と共に
日々奮闘し、
成長中

やしお苑 ケアマネジャー
草皆沙織(1998年入職)

「資格・経験なし」からケアマネジャーへ

短大を卒業した20歳のときにやしお苑に入職しました。資格や経験がない状態で特養の介護職として働き始め、その後居宅のケアマネジャーに転属しました。当時のやしお苑は開設直後で、介護職経験者が少ない中、入居者の生活を支えるために皆で一から介護のノウハウを学び、法人内の他施設の先輩方の指導を受けながら日々奮闘し、成長していきました。

その後さらにキャリアアップするためケアマネジャーの資格を取得後、数年で在宅部門に配属となりましたが、同じ介護の仕事でも施設と在宅では必要なスキルが大きく異なり苦労しました。居宅のケアマネは、自宅で生活する支援が必要な方が自立した生活を送るためにサポートする重要な役割なので、責任を強く感じます。

ケアマネジャーとして大切にしていることは、「相手の立場に立ち、思いを受け止めること」「様々な変化に気付く力をもつこと」「物事を俯瞰できるような広い視野をもつこと」です。単に介護サービスをプランニングするだけにならないように気をつけていますが、思い通りにいかないこともしばしばあり、模索する毎日です。居宅のケアマネジャーは一人で行動することが多いですが、日々の出来事は上司や同僚たちと常に共有し相談し合える環境なので助かっています。

現在は短時間勤務中

出産・育児のため約2年の休暇をとり、一昨年の2018年に同じ部署へ復職しました。現在は短時間勤務です。周囲の環境の変化についていけるか、仕事と育児を両立できるか、といった不安の中、職場の仲間達は温かく迎え入れてくれました。発熱などの子供の体調不良で度々休まなければならないこともありますが、勤務時間の調整や有給の取得などの他、上司や同僚に助けられながら仕事を続けることができ、本当に感謝しています。

気付けば、私のキャリアは名栗園だけで形成されたものです。途中、他の職場を経験してみたいと思ったこともありましたが、働きやすい環境であることに勝るものがなく現在に至ります。

ある日の勤務スケジュール

9:00
出勤
事業所内での申し送り、スケジュール確認
9:30
家族や事業所との連絡調整、記録等
10:00
新規利用者の自宅訪問
12:00
事業所との連絡調整
12:30
休憩
13:30
モニタリング訪問
15:00
担当利用者の様子を見るため病院へ面会
15:30
事業所へ戻り事務作業
16:00
退勤

OFF TIME

休日は家族との時間を大切にしています。3歳になる娘は口が達者になってきて、最近は私の口調をまねてお説教をするようになりました。普段ゆっくり関われない分、休みの日はできるだけ色々な場所へ出かけるなどして、娘と一緒に過ごすようにしています。

年々体の衰えを実感しているので、体力作りのためにやしお苑にある駅伝部に参加したいところですが、私は長距離が全くダメなので、かわりに地域で活動しているソフトバレーチームに参加し始めました。心も体もリフレッシュしながら仕事と家庭を両立していきたいと思っています!